So-net無料ブログ作成

いつものバレンタインデー [のだめカンタービレ二次小説(短編)]

「ここ数年前からバレンタインは女性から男性にチョコじゃなくて

男性から女性にをあげるようになったみたいデスよ」


のだめはひまそうにこたつで寝そべりながら言った。

忙しそうにしている俺に気にする様子も無く。

「聞いてマス?」



無視だ無視しよう。

相手にすると余計面倒だ。

俺はもくもくと作業を続けた。


「センパイ、のだめヒマなんですケド」


ああ~、くそっ!

なんで、俺が・・・・。


「真一くん」


「誰のチョコを作ってると思ってるんだ!?」

「のだめは自分で作りたかったのに真一くんが・・・・」

「当たり前だ!チョコに明太子やのりをいれたもんが食えるか!!」

俺は湯煎の作業を中断させて叫んだ。


「のだめは結構いけると思いますケド」

「大体、毎年俺が作ってるじゃねえか」

「だから男性から女性にあげるようになったって

言ったんですヨ」

「勘違いするなよ。俺は俺のを作ってるだけだ」

「ええ~!!ずるいデス」


こうしていつものバレンタインデーは過ぎていく。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2017-02-11 16:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。