So-net無料ブログ作成
検索選択

秘密(12) [のだめカンタービレ二次小説]

エリーゼは深いため息を落とした。

まだ自分の気持ちの整理はついていない。

彼に会って何を言うのか

何をしようというのか。


「あのエロじじいに振り回されるなんて私もまだまだね」


ー回想(約十数年前)-

「クラシックなんて退屈だわ」

エリーゼはお気に入りの洋服を着て

クラシックコンサートに連れて来られたのが不満そうだった。

「食わず嫌いはよくないよ、エリーゼ」

おしゃれで紳士の父は宥める様に言った。

「だって・・・」

「そうよ、エリーゼ。このシュトレーゼマンのチケットは中々手に入らないのよ」

優しい母はレアなチケットだと付け加えた。


コンサートが終わったら何処かで食事をしましょうと言われて

しかたなく席に座った。

前列から二列目の良い席だった。

指揮者も演奏者も間近に見えた。

どうせ眠くなって寝てしまうだろうと思っていた。

実際学校から演奏会に何度か行った事があったが

友達の何人かは寝てしまったから。


いよいよ演奏が始まった。

あのいい加減そうな指揮者の目がコロッと変わった。

演奏者の顔つきの雰囲気も一変した。



えっ!?何?

一気に音楽がエリーゼの心に流れ込んできた。

この苦しいようなせつないような気持ちは。


すべての演奏が終わる頃には涙が溢れていた。

その様子を両親は心配そうに見ていた事を

よく覚えている。


終演に思わず席を離れてシュトレーゼマンに駆け寄った。

目を真っ赤にしたエリーゼにシュトレーゼマンは少し驚いていた。


「可愛いお嬢さん、私はまた罪作りな事をしてしまったようですね。

許してください」

そういうと微笑んだ。


その優しい顔が忘れられない。

多分、相手はそんな事覚えていないだろう。

何故なら一度もシュトレーゼマンはその時の事を言った事ないからだ。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る