So-net無料ブログ作成
ヒカルの碁二次小説 ブログトップ

届かない想い(1)(ヒカ碁) [ヒカルの碁二次小説]

俺どうしてもっと佐為の事考えてやらなかったんだろう。

学校に居ても棋院に居てもどこにいても楽しくない。

俺の周りは何の変化もないのに景色は色褪せて

まるで色彩の無い世界にいるみたいだ。

自分のバカさ加減に腹が立つ。

どんなに後悔してもダメなのか・・・・。

俺がどんなに願っても帰ってきてくれないのか。

碁にもあいつ(塔矢)にも情熱が持てない。

俺はこのまま埋もれていくのか。

それでもいい。

佐為がいないんなら何も意味を持たないから。

「進藤!」

学校の帰りに近くの公園のベンチでぼーっとしてると

聞き覚えの声がした。

「手合いどうして出てこないんだよ!?」

怒った顔の和谷。

今は誰とも関わりたくない。

何もなかったように立ち去ろうとする俺の前に立ちはだかる。

「シカトすんじゃねえよ」

俺は今、前を向いて進めない。

俺の気持ちなんて誰にもわかるはずがない。

「おまえから碁を取ったら何が残るんだよ!」

すれ違い様に叫ぶ和谷に何も言わず立ち去る。

佐為がいなきゃ意味がない・・・!

俺なんかの碁よりあいつの碁の方が

ずっとずっと価値があった。

俺は・・・、取り返しの無い事をしたんだ!!

俺の目から止め処もなく涙が溢れていた。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
ヒカルの碁二次小説 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。