So-net無料ブログ作成

秘密(9) [のだめカンタービレ二次小説]

「・・・・・師匠」

俺はシュトレゼーマンが少しでも勇気が出せるように

祈る思いだった。

今、この扉を開かなければもう二度とこんな機会は

やってこない気がした。


二回ノックをした。

「グーテンターク」

シュトレーゼマンは小さい声が緊張を示していた。

程なくドアが静かに開いた。

「まさか・・・、フランツ」

出てきた高齢の男は大変驚いた様子だった。


しばらく沈黙が続いていたがもう一人その男性の妻と

思われる女性が見えた。


「チアキ」

シュトレゼーマンは手招きして千秋を呼んだ。

どうやら中に入る事を許されたようだった。


家の中は住人と同じように年を重ねて少し古びた感じがしたが

包むような温かさを感じた。

この家は何十年も人々に暮らしを見てきたのだろう。

幸せな時も悲しみに暮れた時も。


「チアキ、私の兄のラードルフだ。そして奥さんのフェビエンヌさん」

「千秋真一です」

千秋は丁寧の頭を下げた。

ラードルフはどことなくシュトレーゼマンに似ていた。

顔とか身体的特徴でなく雰囲気が。


「こちらにどうぞ」

木製の大きなテーブルの椅子に促される。

テーブルは幾つも小さな傷があった。

ドイツ人は物を大切にする。

高価なものを買って何代もそれを使い続ける。


「子供たちもみんな独立して二人では大きすぎるテーブルなのよ」

フェビエンヌは懐かしむように言った。

確かに二人で住むには大きすぎる。

空間は寂しさを生んでしまう時がある。

「何から話していいか・・・」

シュトレーゼマンは俯き加減で言った。

「ああ、ごめんなさい。今、飲み物を・・」


「フランツ、生きて君に会えて本当に嬉しいよ」

ラードルフは涙ぐみながらそう言った。


秘密(8) [のだめカンタービレ二次小説]

シュトレーゼマンは実家の扉の前にしばらく立っていた。

やはり思い切りがつかないのだろう。

帰郷しなかった事を非難されるかもしれない、

それどころか彼の存在自体を否定されるかもしれない。

その恐怖で動けないのだ。


親友が亡くなった時よりも弱々しくて落胆した姿が

とても哀れに見えた。

ーコンセルヴァトワールー

「オクレール先生、どこか具合が悪いんデスか?」

数日後の授業でもオクレールはどこかしら

集中にかけていた。

「いや、すまない。大丈夫だよ」

誤魔化すようにオクレールは笑った。

「もしかしてミルヒの事ですか?」

のだめはしばらく迷ったが咄嗟に口から出てしまった。

「ミルヒ?」

オクレールは目を丸くして聞いた。

「あっ!すいません。シュトレーゼマンデス」

のだめは慌てて言い直した。



「・・・・・・・」

オクレールは何か言おうとしたが

口を押さえてしばらく考え込んでいるようだった。

のだめは演奏を止めてその様子をじっと見ていた。


「・・・・・メグミ、キミを信じていいのだろうか?」

「どういう意味デスか?」

いつになく真面目で怖さを感じるようなオクレールの表情に

のだめは戸惑いながら言った。


「他言しないと約束して欲しい。キミの彼のチアキにも」

真一くんにも・・・・

のだめは少し迷った。

しかし、オクレールのただならぬ様子に承諾した。


「絶対、誰にも言いまセン、約束します!」

のだめは自分の小指をオクレールのそれと絡めた。

「それは一体何だね?」

「日本での儀式みたいなものデス。約束を絶対破らないと誓うというか」


「なるほど」

納得したように何度も頷いた。

 
「私の思い違いなら良いのだけど彼はもしかしたら・・・」


「・・・・・・・!!」

のだめはオクレールの思ってもいなかった話の内容に衝撃を受けた。






遠い約束(24) [のだめカンタービレ二次小説]

「本当なんデスね?夢じゃないんデスね」

のだめは涙を流しながら聞いた。

「本当だ!俺はいつかおまえと約束した事を

果たしたい」

「覚えていてくれたんデスか?」

「ああ勿論だ、いつか俺とおまえと子供たちで競演しようと二人で

随分前に話したよな」

「・・・・もう叶う事はないと思っていました。でももしかしたらって・・・」

のだめは両手で顔を覆うとそれ以上言葉にならなかった。


「千秋くん、此処じゃなんだから家でゆっくり話したらどげんね」

辰男が穏やかな表情で言ってくれた。

横の洋子はまだ納得がいかないように見えた。


千秋はのだめの少し細くなった肩を抱きながら歩いた。

まだ信じられなかった、

腕の中にのだめがいる事が。


「真理恵を抱いてあげて下さい」

「ああ」

突然、現れた子供だが不思議と愛しいと感じる。


家に戻ると峰の腕の中で真理恵は安心したように眠っていた。

「おかえり」

「峰くん、重かったでしょう。ごめんなさい」

のだめは慌てて真理恵を抱きかかえようと両手を出した。

「虎で慣れてるから大丈夫だ。それより女の子って軽くて小さいんだな。

虎じゃ、こんな風に穏やかに寝てくれないから羨ましいぜ」

千秋は虎太郎が夜鳴きをして峰が困ってるいたのを思い出した。

「清良さん、元気デスか?」

「ああ、世界中飛び回ってるよ」



こんな風に話してると学生時代に返ったみたいだ。

あれから何年も経っていないのに随分昔のようだ。



のだめと交わした約束はすぐには果たせないけど

そう遠くない未来に叶うだろう。

いくつか問題はあるけど俺はきっとそんな事は

越えていけると思っている。

何故なら俺はのだめが横にいない事以外

恐れるものは何もないからだ。








遠い約束(23) [のだめカンタービレ二次小説]

「千秋くん、恵は君が来るのを待っていたんだ」

「えっ!?」

千秋は辰男の言葉に驚いた。

「恵は何も言わんかったが真理恵をあやすのに

よくあの河川敷を歩いてた」

あの河川敷と言う言葉で千秋は初めて此処に来た事を

思い出していた。

自分の気持ちがわからないまま、のだめを連れ戻すために

大川に来たあの時の事を。

じゃあ、今は何のために此処に来た?

一度は東京に帰ったのに・・・・。

真理恵の事を確かめたかった。

確かにそれもある。

だが、本当の目的は違う!

自分の気持ちを伝えるために来たんだ。


「のだめ、ちやんと俺の気持ちを聞いて欲しい。

俺はおまえに伝えたい事があったから来たんだ」

「真一くん・・・」

のだめは涙ぐんだ瞳で千秋の方を見た。

「俺やっと分かったんだ。おまえが必要なんだって事が。

ただ弱い自分を認めたくなくて三年も過ぎてしまって

本当にすまないと思ってる」

「嘘・・・デス」

のだめは大きく首を振った。

「嘘じゃない」

「真理恵の存在で責任のためだけにそんな事を

言ってるんでしょう?」

「違う!俺はもう一度おまえとやり直したくて帰国したんだ。

ただ、おまえが子供を抱いていて気が動転して何も言えずに

戻ってしまったんだ」

のだめは何度も首を振った。

「幸せに暮らしてるおまえに今更俺がどんなに後悔してるか

話しても迷惑だと思ったし・・・・」

「だって、だって・・・・」

「俺は自分が親父と同じ事をしてしまうかもしれないと

不安だったんだ。だから子供を望んでいたおまえには

酷い事を言って辛い思いもさせた。だけどこの子が

俺の子供で本当によかったと思うし嬉しい」

千秋は照れくさそうに言った。



遠い約束(22) [のだめカンタービレ二次小説]

「もう終わった事デス・・・・・」

そういうとのだめは俯いた。


「・・・・・・・」

やはり三年は長すぎたのかもしれない。

千秋とのだめの間には大きな隔たりが出来ていた。

「だが、俺の子供であるのなら出来る限りの援助はすべきだと

思うんだ。たとえおまえがいやだと言っても」


「真一くんは・・・責任を感じてるだけなんデスね」

のだめの言葉の意味が千秋は理解できなかった。

「のだめ?」

「それだけなんデスね?」

のだめは顔をゆがめて搾り出すように言った。

「おまえが何を言いたいのか分からない。だから教えてほしい」

千秋は少しうろたえたように声を上ずらせた。


「もうこれ以上何も話す事はありません」

のだめは歩いてきた道を戻ろうとした。

「待ってくれ」

思わず掴んだのだめの手首は少し細くなった気がした。

それと同時にこの三年間どんな思いで生きてきたのか考えた。



「恵、素直になったらどうだ。千秋くんの子供だからこそ

産んだんだろう?」

「お父さん・・・・」

いつの間にか辰夫とと洋子がすぐ近くにいて心配そうに見ていた。

「そげんこつ、恵がこれまで辛い思いをしたか分からんね。病院で

父親がそばにおらんと一人で産んだんよ。周りは夫婦揃って

嬉しそうにしてるのに」

「すいません」

千秋はその言葉を繰り返すしかなかった。

どうしてもっと早く日本に、福岡に来なかったんだろう。

自分など不要だと言われるのが怖くて出来なかった。

確かに自分達には埋められない時間がある。

千秋の心が絶望感で埋まっていこうとしたまさにその時だった。

「どうして言ってくれないんデスか!?」

のだめは両拳を握り締めて体を震わせてそう叫んだ。






いつもありがとうございます!! [ご挨拶とお礼]

多くの方が来て下さってありがとうございます!!

ここ、一、二ヶ月リアルでハードな事がありまして

こちらの方が放置状態ですいませんでした。

本当はすぐ終わる筈だったんですが

予想以上に話が長くなってお待たせしてすいません。

何とか終わらせようと四苦八苦しています。


遠い約束(21) [のだめカンタービレ二次小説]

「あの真理恵っていう子供はもしかして

俺の子供なのか?」

身に覚えがないわけじゃない。

というより俺の子供であってほしい。


「・・・・・違いマス」

のだめは俺の方を見ないで小さな声で言った。


のだめの目は見えないけど分かる。

その言葉が嘘だと。


「あの子の名前に俺とお前の名前が入ってる?」


「・・・・・・」


のだめを追い詰めたいとは思わないが

今すぐ真実を知りたかった。

しかし、のだめが言った事は衝撃なものだった。


「・・・・あの子が真一くんの子供であろうとなかろうと

関係ないじゃないデスか」

「えっ!?」

俺は自分の耳を疑った。

何故そんな風に言うんだ?


「関係ない?」


「ハイ」

冷たくて感情のこもっていない言葉。

「関係ない事はないだろう!?」

穏やかに話すつもりだったが

いつのまにか声を荒げていた。


「どうして怒るんデスか?あの時、真一くんは子供なんて

考えられないって言ったクセに」

「あの時?」


俺は過去を思い返した。


最後に言い争った時の少し前を思い出そうと

必死に考えた。

どうして子供の話になった?

俺がそんな話をするはずはない。


いや、それより前にのだめが妊娠している事に

俺は何故気づけなかった。

素直に子供が出来た事を言えなかったのは

俺のせいだ。


千秋は溢れ出しそうになる感情を抑えようとした。


「俺が悪いんだな?」

そんなくだらない言葉しか出てこなかった。









遠い約束(20) [のだめカンタービレ二次小説]

俺が三年前の事を思い出していたまさにその時だった。

「ただいま」

いつも聞いていた声が玄関の方から聞こえた。


「お母さん、誰か来とるの?」

いつもと違う靴がある事に気づいたらしく洋子さんに聞いているようだ。


俺に気づいて逃げられたらそう思うと俺はすごい勢いで玄関に走っていた。

「のだめ・・・」

「真一くん・・・・?」

帰ったと思っていた俺が此処に居る事に驚いていた。

「のだめ、久しぶり!」

「峰くん」

峰は真理恵を抱いたまま言った。


「この子は俺が見てるから少し外で話したらどうだ?」

「・・・・・・」

のだめは小さく唇を噛んだ。

「頼む。少しでいいから俺と話をしてくれ」

「恵は今帰ってきたばかりなんよ。おなかもすいてるだろうし」

洋子は気に入らないようだった。

「すいません」

千秋は深く頭を下げた。

「そげん事言われても・・・」


「二人で話をさせてやった方がいい」

「お父さん・・・・」


「お母さん、すぐ戻るから。峰くん、悪いけど真理恵の事見ててくれる?」

のだめは心を決めたように少し厳しい目で言った。

「大丈夫!虎で慣れてるから」



のだめはしばらく何も言わずにただ歩いていた。

バツが悪いのか自分とは話したくないんだろうかと

千秋は思い悩んでいた。

だが、せっかく話す機会が出来たのだ。

このまま無言で歩いているわけにもいかない。


「のだめ・・・」

「ハイ」

あの頃と変わっていない。

何も変わっていないじゃないか。

頼りなさげな瞳も少し息が抜けたような返事も。


だが、悲しそうな表情に変わっていくのだめを

見て千秋は現実に引き戻された。


「のだめ、おまえにどうしても確かめたい事がある」

千秋は自分を奮い立たせるように力強い声で言った。










遠い約束(19) [のだめカンタービレ二次小説]

子供がいる峰は子供をあやすのは慣れたもので

真理恵も暴れることなく抱かれてキャッキャッと嬉しそうに

笑っていた。

横の千秋は放心したように無表情で

その声も聞こえていないようだった。


もしかしたら、この子は・・・・・?

いや、あいつはそんな事言わなかったじゃないか。



三年前、俺達は同じ理由で言い争っていた。

『真一くんはいつかいつかって先延ばしするばかりじゃないデスか?』

『先延ばししてる訳じゃない。今はまだ無理だって言ってるだけだ』

この時の俺は多分、厳しい表情をしていたと思う。

正直、まだ子供を持とうとは思っていなかったから。

ようやく仕事も増えて軌道に乗ったばかりだったし、

のだめもシュトレーゼマンとの競演で注目を集めたが

その後はあまり世間の評価は良いものではなかった。


『子供が出来たら自分の時間が持てなくなる』

そういいながら俺もやっぱりおやじと同じなんだと思った。

『・・・・本当は怖いんでしょ?』

追い討ちをかけるようなのだめの言葉が俺をイラつかせた。

『違う!大体、おまえに子供が育てられるのか!?』


『・・・・育てられますヨ』

『どうだかな?自分の事も満足に出来ないクセに』

何て嫌な事を言ってるんだろう。

だけど自分の心を見透かさせて誤魔化そうと必死だった。


『・・・・分かりました。歩みよりがない以上これ以上

話し合う意味はないデス』

そう言うとのだめは俺のアパートメントから出て行った。

追いかけていくのも癪でしなかった。

何日かしたらまたのだめから連絡してくるだろう

そう簡単に考えていた。

しかし、ターニャからの連絡でのだめが日本に帰った事を

知ったのはわずか数日後の事だった。


すべてを放り出して帰った事が信じられなかった。

何より俺を置いて帰るなんて思ってもいない事だった。




遠い約束(18) [のだめカンタービレ二次小説]

「あいつに会わせて下さい」

「・・・・今になって・・・」

「身勝手は承知の上です」



千秋は引き下がらなかった。

洋子は真理恵を少しだけ抱きしめると口を噤んだ。

「もしかしたらあいつは一人で子供を育てているんですか?」

「・・・・・」

「そうなんですね?」

「そげんこつ・・・」

洋子が何かを続けて言おうとした時誰かが口を挟んだ。


「恵ば、仕事に行っちいる」

その声は父親の辰男だった。


「ご無沙汰しています」

千秋は頭を下げた。


「お父さん」

洋子はどうして話すのかという表情で見た。


「のだめが仕事?」

千秋は驚いたように聞き返した。

「親が甲斐性がなかね」

辰男は自嘲する様に言った。


「夕方まで帰ってこんがどげんする?」


「待たせて下さい」

もしかしたら時間を潰してる間に逃げられるかもしれない。

辰男は覚悟を決めたように言った。

「じゃあ、上のりない」


千秋と峰は色んな物を積み上げられた廊下を通って

お世辞にも綺麗と言えない食卓に通された。

洋子に代わって辰男がグラスに麦茶を注いで二人の目の前に出した。


「何の仕事をしてるんですか?」

「週に何回か幼稚園でエレクトーンを弾いとる。わしから話せるのは

ここまでだ」


「この子、何歳?」

峰はかわいくてたまらないという顔で聞いた。

「・・・・二歳と少し」

「俺にも同じくらいの子供がいるから。男だけど」

「そうか」

「虎太郎っていうんだ。この子マリエちゃんってどういう字?」

「真実の真に理由の理と恵の恵だ」


「千秋の名前とのだめの名前両方が入っているんだな」

峰が何気なく言ったこの言葉に千秋ははっとした。

もしかしたらという疑問が浮き上がってきた。

辰男の顔を確認するように見たが同じ言葉を繰り返した。

「わしの口からは何も話せん」










メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。